当日にお金を借りるにはどうしたらいいの?

カードローンで当日借りたいならまずは審査通過が重要!

 

 

その日にお金を借入れできる消費者金融ってあるんでしょうか?

 

今、消費者金融のカードローンでは、ほとんどの業者が当日お金を借りることが可能になっています。

 

例えば大手の消費者金融会社などはスマホやパソコンを使えば家に居ながら、当日にお金を借りることも実は可能です。

 

そのほか、大手の銀行カードローンなども当日キャッシングができると謳っています。

 

ただ、申し込み曜日や申し込み時間によってはすぐその日にお金を借り入れできない場合もあります。

 

各カードローン会社の指定された時間・曜日の中で契約完了するというのが必須条件となってきます。

 

ただ申込めばいつでも必ずその日にお金を貸してくれるわけではないんですね。

 

 

また、審査結果によっては通過できないで落ちてしまう場合ももちろんあります。

 

カードローンの審査を受ければ誰でも通るというわけではないんです!

 

例えば、無職の専業主婦であれば審査通過はまず難しいといえるでしょう。

 

なぜかというと、収入がないからです。

 

一般的に、一定の収入がないと貸金業者からお金を借り入れることはほぼ不可能に近いです。

 

返済される見込みがないですからね。

 

カードローン会社側としてもお金を貸すには最小限のリスクで融資しなければ、経営が成り立ちませんからね。

 

 

また、日本には「総量規制」という法律があります。

 

年収の3分の1までしか借入はできませんという法律です。

 

その法律に違反している人にはお金を貸してはくれません。

 

なので、複数の業者から借入している人は要注意ですよ。

 

このように、当日融資可能なカードローンは非常に今多いですが、それなりの条件も要求されてくるということをよく覚えておいてくださいね。

 


 

 

世界中から観光客が訪れてくる京都府は、古き良き時代に日本と近代的な日本がコラボレーションした大変魅力的な街です。

 

そんな京都府京都市や宇治市、亀岡市などには、審査が甘い消費者金融や銀行は存在するのでしょうか?

 

まず、京都銀行(きょうぎん)で取り扱う「京銀カードローンW」ですが、最大500万円まで最低年利3.975%でお金を借りることが出来ます。

 

とても魅力的な貸金サービスですが、かなり審査が厳しいこともあり、そう簡単に借入することは出来ません。

 

甘い審査のサラ金と言えば、京都市下京区大宮通綾小路下ル綾大宮町の中小サラ金「AZ株式会社(エイゼット)」が知られており、300万円までの融資が可能です。

 

しかし緩い通りやすい審査の裏には、高金利というデメリットがあり、最大で20.0%の金利負担を強いられます。

 

このような地方銀行や中小の消費者金融の他にも、多額の借金があってもキャッシング出来るヤミ金もいくつかありますが、ご存知の通り違法営業ですので絶対に利用してはいけません。

 

審査は甘くはありませんが、大手の銀行系カードローンや、アコムやアイフルといった大手消費者金融でしたら、即日に借入れが出来ますし、誰もが知っていて有名ですので安心安全にお金を借りることが出来るでしょう。

 

日本を代表する大都市である大阪には、ビジネスやレジャー、生活に必要なありとあらゆるモノが揃っています。

 

堺市、岸和田市などの下町が魅力的な大阪府ですが、もしかしたら甘い審査基準でお金を借りることが出来る消費者金融や銀行があるのではないでしょうか?

 

色々調べてみましたが、大阪府堺市堺区中瓦町で営業しているスペースという中小のサラ金業者では緩い審査基準を採用しているようで、大阪市や堺市、岸和田市などを中心に幅広く融資を行っています。

 

ただやはり大手の貸金業者と比較して金利が高いのであまりオススメ出来ません。

 

また池田泉州銀行の「池田泉州銀行カードローン」は、一律年利14.5%と低く、また最大300万円まで収入証明書不要で借入出来るので大変便利ではありますが、その分審査が厳しくなっています。

 

他社の借金があるだけで返済能力に欠けると判断され、キャッシングを断られることもあるので、審査に通りやすいとは言えません。

 

そう考えますと、総合的にオススメしたいのは大手消費者金融、または大手銀行のカードローンです。

 

殆どの場合、仕事をしていて安定収入があれば審査の上、即日に借入することが可能で、しかも自動契約機で店舗が休みの日でも全ての手続きを済ませることが出来るというメリットもあります。

 

東京都新宿区に本店を置く八千代銀行では、プラスユーネクストという銀行系カードローンを提供しており、これは保証人や担保不要の個人向け融資となります。

 

借入限度額は300万円までで、魅力は年利3.4%〜14.8%の変動金利が採用されており、審査結果によって融資利率が異なります。

 

八千代銀行のカードローンでは担保や保証人が不要とはなっていますが、だからと言って審査が甘い基準で行われているワケではなく、かなり厳しい審査基準が定められています。

 

また即日にキャッシングカードの発行をしてもらうのはプラスユーネクストでは難しく、どうしても審査期間が長くなります。

 

そこで急な出費にも対応してもらえる大手消費者金融での借り入れがオススメで、申し込みをしたその日にキャッシングカードの発行が可能です。

 

緩い審査ではなく、信用情報を参照した一般的な審査が行われますが、満20歳以上になっており、また安定収入が定期的にあれば、比較的通りやすいかと思います。

 

大手消費者金融の魅力は即日性だけではなく、全国に設置している無人契約機で土日祝日でも融資手続きが出来るということであり、営業時間内でしたら平日と同様に即日キャッシングが可能です。

 

もし無人契約機を利用する際には、事前にネット申し込みを済ませておくと、よりスピーディーに手続きを完了出来るので是非ご利用ください。

 

メガバンクとして知られるみずほ銀行では、「みずほ銀行カードローン」という名称で個人向けの融資商品を提供しており、銀行カードローンの中でもお得な最低金利4.0%で、最大1,000万円までの借り入れ枠が可能です。

 

みずほ銀行カードローンへの申し込みは、来店や郵送は原則として必要なく、全ての手続きをインターネットを利用して完了させることができ、さらに最短で即日にキャッシングをすることが出来ます。

 

ただし住宅ローン審査などと同じで、かなり厳しい審査に通過しなければいけなく、お世辞にも甘い通りやすい審査とは言えないでしょう。

 

どんなに勤務先が大手で勤務年数が長かったとしても、場合によっては審査で断られてしまうこともあります。

 

またみずほ銀行に口座があれば、スムーズな審査が可能ですが、そうでない場合には、事前審査の結果が翌営業日以降になってしまうことがあります。

 

決して緩い審査基準でお金を借りれるワケではありませんが、もっとスピーディーに現金を必要としているのでしたら大手消費者金融を利用しましょう。

 

専業主婦など、仕事をしていなければ利用することは出来ませんが、パートやアルバイトをして毎月安定収入があれば、審査をした上で即日に借り入れすることが出来ます。

 

90年代頃から、テレビコマーシャルや雑誌、新聞などで消費者金融という言葉が頻繁に使われるようになり、私達の日常生活を資金面でサポートしてきてくれています。

 

消費者金融は、銀行カードローンやクレジットカードとは異なり、総量規制の対象となっていますが、即日にお金を借り入れ出来るというメリットがあり、アルバイトやパートなどでも安定収入があれば融資対象となるのがとっても便利です。

 

ただ単に消費者金融と言いましても、中小や大手があり、例えばアコムやプロミス、アイフルなどが大手消費者金融として日本全国に知られています。

 

そこでここではアイフルは甘い審査でキャッシング出来るカードローン会社なのかを調べてみました。

 

消費者金融と聞くと、緩い審査で誰でも安易に通りやすいというイメージがありますが、実際のところはそんなことはなく、厳しい審査に通過する必要があります。

 

信用情報に傷が付いてしまっているブラックな状態では簡単に断られてしまいます。

 

それでも満20歳以上で雇用形態に関係なく安定した収入があれば、審査と在籍確認が完了することで、その日のうちにお金を借りることが出来ますし、自営業者でも確定申告書の写しなどの収入証明書があれば申し込み可能です。

 

北海道を営業拠点する北洋銀行が取り扱っているほくぎんカードローン「スーパーアルカ」というのは、最低年利2.95%で、最大1,000万円までの借入が可能な銀行系カードローンの一つであり、総量規制対象外で融資を受けられます。

 

もちろん使い道は自由となっており、趣味やレジャー、生活費など様々な用途の資金面をサポートしてくれます。

 

デザインにも凝っており、現在4種類の色の中から、マイカラーを選ぶことが出来ます。

 

それでは北洋銀行カードローンは甘い審査なのでしょうか?

 

誰でも気軽に借りやすいのでしょうか?

 

毎月安定した収入があり、複数社でキャッシングをしていなければ、最低条件をクリアしているので問題ありませんが、他にも個人信用情報機関の情報を参照し、非常に厳しい審査が行われます。

 

比較的正社員でしたら通りやすいかもしれませんが、パートやアルバイトですと正直なところ難しいです。

 

もし今すぐにキャッシングをする必要があるようでしたら、緩い審査というワケではありませんが、即日にカードを発行してもらえる大手消費者金融がオススメです。

 

安定収入があれば職種や雇用形態は問わなく、自動契約機が日本全国にありますので、土曜日や日曜日といった店舗が閉まっている日でも新規でお金を借りることが出来ます。

 

「消費者金融や銀行カードローンで借入した借金が返せない!いったいどうしたらいいの!?」とお悩みの方が多いようです。

 

一昔前、このような多重債務者を無くす目的で年収の1/3までの借入に制限された総量規制という法律が定められ、確かに多重債務者の数は減ってきているようですが、まだまだ「返済できない…」という悩みを抱えている人は大勢います。

 

複数の貸金サービスでお金を借りていると、どこの金融業者でも新たに融資してくれる可能性は低く、残るは違法でサラ金業をしている闇金となります。

 

他社借入があっても闇金でしたらお金を借りることが出来るかもしれませんが、法外な金利と強引な取立によって今後の人生を地獄に突き落とされてしまいます。

 

無理にキャッシングしようと考えず、弁護士や法律事務所に相談し、自己破産や債務整理、任意整理などの法的処置を取ることをオススメします。

 

ただし債務整理などをすると、数年間クレジットカードやカードローン、住宅や自動車といった各種ローンを組むことが出来なくなります。

 

それでも一定期間を過ぎれば、元通りの生活を取戻すことが可能ですので、それから先は上手に計画性を持ちながらクレジットカードなどを利用するようにしましょう。

 

他社借入の多い多重債務者でも借入可能なカードローン会社があるのか調べてみました。

 

各銀行カードローンや大手消費者金融、中小サラ金などの貸金業者によって多少の違いはありますが、概ね3件以上のキャッシング会社から融資を受けていると、その借金額に関係無く断られてしまうケースが多いです。

 

金融会社もボランティアでお金を貸しているワケではなく、あくまでもビジネスですので、複数社借り入れをしている人やブラックの人は、返済能力に欠けると判断されてしまうのです。

 

もし現在の多重債務を解消したいのであれば、おまとめローンの利用をオススメします。

 

おまとめローンでしたら借入限度額が高く設定されていることから、一社にまとめることができ、返済スケジュールを立てやすくなります。

 

銀行系のおまとめローンの場合、総量規制対象外になりますので大変助かりますが、審査が厳しいので確実に借りれるワケではありません。

 

かといって闇金融の利用やギャンブルで増やそうと考えるのは絶対に駄目です。余計に悩みを大きくしてしまうだけです。

 

他には弁護士に依頼することによって、自己破産や債務整理、任意整理、個人再生といった多重債務者救済制度で悩みを解決する方法もありますので検討してみてください。

 

最近では銀行カードローンや大手消費者金融などを利用して、キャッシングされる方が増えてきているようですが、当然のことながら誰でも確実に融資を受けられるワケではありません。

 

キャッシングカードを発行してもらうためには、各金融機関や金融会社が定めている審査に通過する必要があり、場合によっては融資を断られてしまうことがあります。

 

例えば年収の1/3までの借入に制限される総量規制に引っかかっていたり、契約書類に不備がある時、また多重債務や返済遅延などで個人情報に傷が付いていると難しくなります。

 

また審査に通過したとしても、各カードローンが定める最高限度額まで借りれるワケではなく、人により利用限度額は変わってきます。

 

初回の場合、概ね10〜15〜20万円程度の利用可能額が設定され、元金はもちろん、きちんと借入金利も期日通りに返済し、何度か借入実績を残すことで徐々に増枠が可能になってきます。

 

この増枠についてですが、一度の返済額が大きければ大きいほど有利なるというワケではなく、あくまでも借入と返済をきちんとしていることが重要ポイントとなります。

 

ただし増額されたからといって、無駄にキャッシングするのではなく、利用は必要最低限にすることが大切です。

 

まず最初に未成年者のカードローンでのキャッシングは基本的に出来ません。

 

法律で未成年の契約行為は無効とされていますので、カードローン会社が貸し倒れの危険性がある事から、未成年者の申込受付をしていない金融機関が多いのです。

 

各金融業者の利用条件の欄にも20歳以上とされています。

 

またアルバイトをして収入を得ていても未成年の場合は申込不可となっていますので、この点もお間違えないように。

 

 

未成年の学生は、条件を満たせば「学生ローン」によるキャッシングは可能です。

 

借入額は大幅に少ないですが、必要最低限のお金は借りることが出来るでしょう。

 

但し、絶対条件として保護者の同意が必要となりますので内緒で利用することは出来ません。

 

 

他にはクレジットカードにキャッシング枠が付与されているのであれば、そのカードでも借入れは出来ます。

 

また、結婚をしていて安定した収入がある場合は立派な社会人として認められ審査に応じてくれる金融会社もありますので、該当する場合は相談してみるのも手かと思います。

 

他にも親権者の同意を得て会社経営をしている場合も成人とみなされ場合があります。

 

 

単に未成年者と言っても、20歳未満の18歳、19歳の事を指すわけではありません。

 

民法上の未成年とは未婚の20歳未満と定められているのです。

 

ですから上記のような条件で融資が認められるわけなのです。

 

 

銀行や消費者金融では、ほぼ間違いなくお金を借りることは出来ませんが、上記で説明した条件であればキャッシング自体は不可能ではありません。

 

キャッシング会社も損害をこうむるわけにはいきませんので、カードローンによるキャッシングは社会人になるまで待つのが良いかと思います。

 

 

続きを読む≫ 2015/06/14 17:10:14