未成年は消費者金融や銀行系カードローンで借りれるの?

18〜19歳は借り入れは基本的にできない!?

 

 

まず最初に未成年者のカードローンでのキャッシングは基本的に出来ません。

 

法律で未成年の契約行為は無効とされていますので、カードローン会社が貸し倒れの危険性がある事から、未成年者の申込受付をしていない金融機関が多いのです。

 

各金融業者の利用条件の欄にも20歳以上とされています。

 

またアルバイトをして収入を得ていても未成年の場合は申込不可となっていますので、この点もお間違えないように。

 

 

未成年の学生は、条件を満たせば「学生ローン」によるキャッシングは可能です。

 

借入額は大幅に少ないですが、必要最低限のお金は借りることが出来るでしょう。

 

但し、絶対条件として保護者の同意が必要となりますので内緒で利用することは出来ません。

 

 

他にはクレジットカードにキャッシング枠が付与されているのであれば、そのカードでも借入れは出来ます。

 

また、結婚をしていて安定した収入がある場合は立派な社会人として認められ審査に応じてくれる金融会社もありますので、該当する場合は相談してみるのも手かと思います。

 

他にも親権者の同意を得て会社経営をしている場合も成人とみなされ場合があります。

 

 

単に未成年者と言っても、20歳未満の18歳、19歳の事を指すわけではありません。

 

民法上の未成年とは未婚の20歳未満と定められているのです。

 

ですから上記のような条件で融資が認められるわけなのです。

 

 

銀行や消費者金融では、ほぼ間違いなくお金を借りることは出来ませんが、上記で説明した条件であればキャッシング自体は不可能ではありません。

 

キャッシング会社も損害をこうむるわけにはいきませんので、カードローンによるキャッシングは社会人になるまで待つのが良いかと思います。

 

 


 
アイフル

CMでも人気の安心大手


 

三井住友銀行カードローン

金利で選ぶなら

三井住友銀行カードローン