自営業の個人事業主でも消費者金融・銀行で融資可能?

自営業でもキャッシングを行なうことは可能です!

 

 

まず、自営業者でも消費者金融や銀行カードローンで借入は可能です。

 

カードローンの審査では、主に年収や職種、勤務年数などを重点的に審査し融資をするかどうかを判断します。

 

個人事業主の場合、会社勤務に比べ収入を安定させるのが大変なため、審査通過は中々難しいです。

 

年収が1000万円近くある方でも審査落ちしている人が多数いらっしゃるほどですので、それだけ自営業は不安定な仕事と見なされていると言ってよいでしょう。

 

もちろん収入がある程度安定していれば、自営でも融資を受けられる可能性は十分にありますので、申し込んでみると良いかと思います。

 

但し開業して間もない場合ですと殆どの確率で融資を断られますので、注意しましょう。

 

最低でも2年以上の勤務年数が必要なケースが多いですから、申し込み前に確認しておくと良いでしょう。

 

自営業者の場合、職場が自宅である方も多いので審査の際に行われる在籍確認はあまり意味をなしません。

 

その為、借入希望額に関係なく収入証明書の提出を求められる可能性が非常に高いですので、いつでも提出できるように用意しておくとよいでしょう。

 

自営業者の場合は、確定申告の写しが収入証明書となります。

 

 

しかし、基本的にカードローンの場合は事業資金目的でのキャッシングが出来ませんので注意が必要です。

 

もし事業運転資金をして借りたいのであれば、個人として借りて自分の生活費などを運転資金に回すといいでしょう。

 

また、プロミスなどであれば事業性への用途もOKですのでプロミスをオススメします。

 

それ以外となると、事業性資金で融資を受けるのであれば日本政策金融公庫やローン会社が販売している事業者向けのビジネスローンを利用すると良いでしょう。

 

事業者向けのローンには開業して間もない経営者でも借入れ可能な金融機関が多く存在しますので、申し込んでみると良いでしょう。

 

また利用限度額も個人で申し込むよりも多くなります。


 
アイフル

CMでも人気の安心大手


 

三井住友銀行カードローン

金利で選ぶなら

三井住友銀行カードローン